終了 2015/05/11
第19回「医療経営革新のための訪米研修プログラム」

医療改革を先取りするために

日米文化センター主催の「医療経営革新のための訪米研修プログラム」は今年第19回目を迎えます。これまでは、首都ワシントンと医療団体の活動拠点であるシカゴを中心に、マルコム・ボールドリッジ賞を受賞した経営力の優れた病院を訪ね、医療の質や医療改革、環境変化への取り組みなどについて学んできました。 今回はオバマ医療改革で登場したアカウンタブルケア・オーガニゼーション(ACO)などのプライマリケア充実策、並びにリハビリテーションや在宅医療を中心にポスト急性期医療のあり方を学び、わが国のプライマリケア立て直し戦略を検討し、日本の医療改革を先取りできる実践的で有益な研修プログラムを組みました。

期間 2015年10月7日(水)~ 10月18日(日)[12日間]
参加人数 20名(定員になり次第締め切ります。お早めにお申し込み下さい。)
申込締切 2015年8月21日(金)
申込方法 参加申込書に必要事項をご記入の上、郵送かインターネットでお申し込み下さい。
参加費用 88万円

研修プログラム申込書 Download  お申し込みはこちらから

 

費用に含まれるもの

  1. 研修プログラムのコーディネート費
  2. 研修期間中の移動交通費
  3. 現地セミナー参加費、通訳料、講師謝礼、記念品等
  4. 研修期間中の宿泊費および朝食費
    (原則として昼食費・夕食費は自己負担)
  5. 成田-アメリカ往復の航空運賃
    (エコノミークラス利用。ビジネスクラスご希望の方は 別料金にて承ります。)

※研修期間中は通訳がつきますのでご安心下さい。

 

研修日程

10月7日(水) 成田発 ワシントンD.C.着
10月8日(木) 国立標準技術研究所 (NIST)
メディケアメディケイドサービスセンター(CMS)
10月9日(金) 全米品質保証委員会(NCQA)
レストンホスピタルセンター
10月10日(土) 自由行動/中間報告会
10月11日(日) ワシントンD.C.→クリーブランド
10月12日(月) スーマアクロンシティ病院
スーマヘルスシステム/スーマリハビリテーション病院
10月13日(日) メトロヘルスシステム
アクロン子供病院
10月14日(日) クリーブランド→オースティン
中間報告会
10月15日(日) ヒルカントリー記念病院 (HCM) 訪問
10月16日(日) セントデイビッドヘルスケア(SDH) 訪問
10月17日(日) オースティン発 帰国の途へ
10月18日(日) 成田着

※日程につきましては、訪問先の都合、参加者のご要望等により若干の変更があり得ますこと予めご了承下さい。

 

研修ハイライト

マルコム・ボールドリッジ賞(大統領賞)受賞病院とNIST
企業の競争力を向上させるために創設され、大統領が表彰するマルコム・ボールドリッジ国家品質賞を運営している国立標準技術研究所(NIST)と2014年に医療部門で同賞を受賞したヒルカントリー記念病院、セントデイビッドヘルスケアを訪問し、医療の質、経営の質を改善する方策を学ぶ。これは本研修最大の特色。

リハビリテーション病院と在宅医療
企業の競争力を向上させるために創設され、大統領が表彰するマルコム・ボールドリッジ国家品質賞を運営している国立標準技術研究所(NIST)と2014年に医療部門で同賞を受賞したヒルカントリー記念病院、セントデイビッドヘルスケアを訪問し、医療の質、経営の質を改善する方策を学ぶ。これは本研修最大の特色。

プライマリケア充実策
国民にとって最良の医療制度とは住民に身近なプライマリケア(一次診療)が充実していることだとされている。わが国のプライマリケア体制は、残念ながら英仏など欧州先進諸国に遅れを取っている。同じく遅れていると言われた米国もオバマケアと呼ばれる医療改革の下で、メディカルホームやアカウンタブルケア・オーガニゼーション(ACO)と呼ばれるプライマリケア充実策を編み出した。それを題材にわが国のプライマリケアを立て直す戦略を参加者同士でディスカッションする。

政策の先取り
政策誘導に慣れきった医療マネジメントの体質から脱却するために、民間主導の米国医療機関が積極的に取り入れている思考力と実践力を吸収する。

オースティン、フレデリックスバーグ
人口も面積も全米第2位のテキサス州。その州都オースティンはコロラド川沿いにあり、湖も多く緑豊かで美しい。州会議事堂は全米50州の議事堂で最大の建物と言われ、パブリックアイビーの一つ名門州立大学テキサス大学オースティン校はその北に、セントデイビッドヘルスケア(SDH)本部はその南に、セントデイビッドメディカルセンターは同大学北東にある。同大学と産学連携したIT産業は著しく成長し、デル、インテル、サムスン電子などのハイテク企業が集積するだけでなく、ナノテクやバイオ産業も発展した。シリコンバレーに倣いシリコンヒルズとも言われる先端産業の集積地である。州都の西130キロにあるジルスピー郡の郡庁所在地フレデリックスバーグにヒルカントリー記念病院(HCM)がある。